読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まえてぃー自転車日誌

主にレース、練習日誌等を書いていきます。

きらら浜CRレポート

5/7(日)。世間ではゴールデンウィークと言って休息の1週間らしいが僕には休息の休の字もない、だが生活的にはゴールデンな1週間の最終日、山口県きらら浜クリテリウムに参戦してきました。ここで上がるといい続けた結果はどうなったのでしょうか?

《GW期間の取り組み》
5/1、5/2:学校
5/3、5/4:熊野3days試走合宿
5/5、5/6:インターハイ地区予選(陸上)

《当日の取り組み》
休む間も無く山口県へ直行したという訳ですが極度の疲労では無かったのでアップは長めにとるとそこそこ脚は動く。アミノ酸サプリ、メイタンの2ラン摂取。ボトルの水は1/3ほど。

《レースレポート》
E3-1組を半分くらいまで見て2組の招集地点へ。大工大の塚本さん、ヒロシマのヤバい人と噂のコーヘイさんをチェックしておく。塚本さんとは協定を結びレース展開によっては逃げる計画を立てていた。スタートしてからも3人のラインを崩さずに集団前方に位置し、最初のスプリント周回で塚本さんが飛び出す。自分も反応し、塚本さん、コーヘイさん、前原、ボヤージの方との4人が集団に僅かな差を付けている。自分は行く気満々だったので合図をしているが後ろで一瞬の牽制により逃げは完全に決まらず、集団に落ち着く。みんながその気になれば絶対に決まるメンツだったが惜しかった。大きな落車もなく(珍しい!!)、アタックもかからないままレースは進み、ラストラップに突入。一名飛び出したので確実にチェック、2、3番手を位置して直角コーナーへ。立ち上がりでワンテンポ遅れてしまい最終コーナーを3人で抜けるも、スプリントで負け、なだれ込みの4位。優勝はやはりコーヘイさん。

だいたい予想通りの人が表彰台に上がっている。

今回の反省としては
・スプリント力の無さ
・周囲とのコミュニケーションが上手くいかなかった

この2点が主にあげられます。スプリントに関してはパワーも付けていきたいところですがあまり体重も増やしたくないので、確実に逃げを決めれるよう単騎での独走力をつけるトレーニングをし、長い登りでも先頭で戦えるよう7月広島、8月全日本戦まで調整していきたいです。

毎度ですが、練習相手募集してます!